War has forced millions of families to flee their homes

This is the most urgent story of our time

ガザルのストーリー

ガザルと子どもたちにとって、シリアを離れるというのは辛く、しかし避けることのできない決断だったのです。

ルカのストーリー

ナイジェリアでは紛争の激化に伴い多くの人々が家を追われています。家は破壊され田畑は荒廃し、市場は手榴弾の的となり、友人や家族は殺されたり逮捕されるなど、紛争による暴力に苦しんでいる人々ばかりで、彼らに共通するのは圧倒的な恐怖です。


夢は難民が世界からいなくなり「難民ナウ!」もなくなることです。

―難民ナウ! 宗田勝也さん (宗田さんのインタビューはこちら

フォトジャーナリスト 大瀬二郎

教室に入るとたくさんの瞳がいっせいに私を見つめる。小さな教室に溢れかえる、希望に満ちた子どもたちの顔。その中に、見覚えのある少年がいた。

マリップさんのストーリー

「愛する母国の味を日本人にも知ってもらいたい。」
マリップ・セン・ブさんは、ご出身のカチン族の文化を広めるために2011年に「実の里」をオープンしました。*現在店名はミャンマー少数民族料理 タンヨージン

南さんのストーリー

「扉をくぐればそこにはベトナム」
南さんはそんな思いを胸にお客さんを日々迎えています。

写真家フィル・べハン

この女性たちは私たちの家族と同じように誰かの祖母であり、母であり、姉妹なのです。

みんなで広げよう!#0620世界難民の日

#0620世界難民の日ツイートをリツイートしてくれた方の中から抽選でUNHCRエコバックをプレゼントいたします!

世界難民の日とは

皆さん、6月20日が何の日が知っていますか?

イェハヤのストーリー

イェハヤはレバノンで100万人目のシリア難民として登録されました。

キヤノン、フォトグラファー山口 和人

“ヨルダンで出会った子どもたち全員の「本当に笑える日」が
一刻も早く訪れることを願ってやみません。”

紛争によって引き裂かれた家族がいる。それは一家族でも多すぎる。

UNHCR の活動をもっと知る UNHCR JAPAN